発達障害者の感覚過敏ー聴覚

聴覚過敏

発達障がい者に多い感覚過敏

発達障がい者の特性として、ポピュラーに取り上げられる話題に感覚過敏があります。神経質あるいは考えすぎ、気にしすぎと揶揄される事もあり、なかなか分かってもらいにくい症状の1つです。感覚の強度は人それぞれですから、当事者の間でも強く感じる人もいれば、ほとんど症状がみられない人もいます。
もし本当に神経質から来ているなら、同じ要素が他の部分でも見られるはずです。もし特定感覚にだけ過剰反応しているようなら、やはり感覚過敏を疑った方が、賢明でしょう。考えすぎや気にしすぎと評価されやすいのは、不特定多数が未経験であるゆえ、想像しにくいためではないでしょうか。
当事者の多くが自分の苦悩を、情報として上手に伝えられないゆえに、なおの事気づいてさもらえないまま、ストレスをため込む事になります。いずれため込んだストレスがどこかで爆発し、本人も周囲もまことにつらい思いをするはめになるのです。

聴覚過敏ーわたしの場合

周囲の音と混じって声が聞こえにくい

感覚過敏には聴覚、視覚、触覚、味覚、嗅覚と様々ありますが、わたしはそのうちでも聴覚過敏をもっています。これで困ったことは、にぎやかな場所で友人の話が周囲の音と混じって聞こえにくくなることです。だけど他の友人らは平然と会話していますから、わたしにはとても不思議な感覚を感じました。
今でも居酒屋や繁華街が苦手です。特に新宿や渋谷周辺はかなりの大音響で、車や宣伝などの大爆音を流していますから、失神しそうなほどでした。実はだいぶ後になってから、当事者の多くが共通して抱えている悩みだと知りました。この時ほど心からホッとした事はありません。”自分だけではなかった”との安心から、心が少しだけ楽になりました。

聴きたい音を聞き分ける不思議

不特定多数の人は自分が聞きたい音を、本能的に聞き分けているらしい事を知りました。感覚過敏当事者は聞き分け機能が生まれつきありません。当時者の立場で言わせてもらうと、この機能は大変不可思議でなりません。果たして脳のどこで聞き分けているのでしょうか。
定型発達者が、聴覚過敏を想像しにくいように、当事者は聞き分け機能を想像しにくいのです。ユーチューブでは聴覚過敏の実際を、音声化したものがアップされていますから、ぜひお聞きください。

特定の音に過剰反応

感覚過敏を持つ当事者の多くが、特定の音に過剰反応すると訴えています。
わたしが苦手なのは赤ちゃんの声、犬のキャンキャン、女声のキーキー声などです。
中には機械が擦れる音がダメという人もいます。嫌いな音は人の数だけありますから、もしもわが子が、ある場所にいくと落ち着きがなくなるなど、何らかの異常が見られたら、感覚過敏かもしれません。

感覚過敏にどう対応するか

どの音に反応しているかを、突き止める事である程度の対応ができます。都会のように町中に音があふれている環境では、音そのものを避けられない場合も多いでしょう。便利グッズとしておすすめなのは、イヤーマフや耳栓です。
通販でも購入できますが、大切なアナウンスを聞き逃してしまう心配は、基本的に不要です。完全に音を遮断するのではなく、ノイズキャンセル機能があれば、必要なアナウンスは聞き取れますから、感覚を守る事ができます。たとえば以下のようなお店で扱っていますから、参考になさってください。ノイズキャンセリングや100均の耳栓でも、多少ストレスを緩和できます。予算や状況に応じて選択してみてください。
https://nozomi016.blogspot.com/feeds/posts/default?alt=atom&redirect=true.rss

Follow me!

発達障害