3/3しゃろーむサロン茶話会ご報告

3月3日は青天がどこまでも続く気持ちの良い朝を迎えました。

本日2回目の茶話会を開催すべく、午前中から会場入りしていたのですが、早々とお客様到着~♪

当初のイメージではふらりと1人、2人来られてぼーっとされるはずが・・・

開店と同時に一次会開催~。

話題の中心はやはり事業所での悩み、医者との微妙な関係、さらに愛着障がいがらみで親子関係など、多岐に及びました。

わたし個人は精神科病棟の現状に大変驚かされたこと多々です。

いまだに鉄格子と分厚い扉で閉鎖的状況が目に浮かびました。多少は住環境は改善されていると思いたいですが、当事者にとって必ずしも快適ではない現実が浮き彫りになりました。

来訪者全員がMGプレスで知ってかけつけてくださったようです。

2次会はオンラインとのハイブリッドで、実はこちらが本番だったのですが( ´艸`)

引き続き1次会メンバーがそのまま2次会まで参加~w

5時で閉会したのですが、画面を通してみなさんで顔合わせ、様々な話題で情報共有できました。

コミュカフェは発達有無に関係なく、多くの人が求めている場です。

コロナ禍という災難をわきに置いて、なかば見切り発車のような形でしたが、やってよかったと思いました。

これからもみなさんにとって、憩いの場として末永く続けていきたいと、決意新たにしました。

ニーズの高さもありますが、のぞみカウンセリングとしての活動の一環としての働きを絡めながら、様々な試みをしていきたいと思っていますから、ぜひお気軽においでください~。

こんなこともやってみたいというアイデアをお持ちの方も大歓迎です。