令和3年度社会福祉法人武蔵野会ウェブセミナーを視聴しましたーご報告

「様々な生きづらさを知る ひきこもり」―多様な生き方ができる地域社会の実現」

https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_kGGs3AXLQuCOa2i93Eurqg

アンケートに記載した内容から報告に変えさせていただきます。

基調講演について(斎藤 環氏)

発達障がい当事者の立場から参加させていただきましたが、今は理解ある人に囲まれて、安心の中で生きている時間が、だいぶながくなってきたこどあり、当事者仲間の気持ちがみえずらくなっているかもしれないと、反省させられた部分も多々ありました。 一方で「特性は改善される」部分も若干ありますが、変わらない部分が多いです。教科書どおりの理解で察してくる人からは、基本と違うとチグハグな見方をされることもありました。改善される事を期待されるのは、大変困ります。そのままでも受け止められる体制になっていないと、わたしたちの生きづらさは、いつまでたっても緩和されないとしってください。 そこだけ気になりました。

シンポジウムについて(林 恭子氏、井利 由利氏、深谷 守貞氏)

当事者会、家族会、兄弟姉妹会大事ですね。当事者はたくさんの宝を持っているので、それらを活用しながら官民一体になって、誰もが安心して生きていける社会、街にしていきたいと思いました。発達障がい当事者会運営者の立場からの意見です。

さらにここに追加させていただくと、お三方とも当事者です。体験から各団体紹介とあわせて、お話しされてました。当事者の生の声を聴く機会を与えていただけたことが、何よりも恵み深いものとなりました。やはりリアルな報告は、聞くものの心により深く迫ってきますね。これからも著名な専門家と共に、体験者からのより現実的な話を、多くとりあげていただきたいと願います。

大人の発達障がいあるあるらぼ当事者会開催しました~

大人の発達障がいあるあるラボ

今回は告知が1週間程度と期間が短かったのですが、約10名ほどの生きづらさを抱える男女が集まって、リモートによる交流会が開催されました。

コロナ禍のさなか、直接顔を合わせる機会がない事は、さみしい限りですが、リアルでは実現しなかった、遠方からの参加者もいるなど、活動の幅がひろがったのは、かえって良かったかもしれません。個人が日頃抱える悩みを、グループで聞いてもらいつつ、様々なアドバイスや体験談が聞けるのはまさにリモート当事者会の醍醐味ですね。

次回は7月中旬頃になる予定。また多くの仲間が集い、様々な話題で降りあがれるのが楽しみです。

家庭でできるカウンセリングセミナー

〜友達哉家族に寄り添うために〜

fb.me/e/71

日時 : 6月14日、16日(随時開催予定)

発達障害が随所で話題になっている事もあり、サポート体制が整いつつある様がうかがえます。その主たるものは、子供支援です。これはこれでとても大切な事で、歓迎すべき流れでしょう。

しかし問題を抱えて生きづらさの中に生きているのは、かつて子どもだった成人当事者も同じなのです。成人の問題は置き去りにされている感じを受けます。

そこで、生きづらさの中に生きる大人に寄り添えるサポーターを育成すべく、ピアカウンセリングセミナーを開催することにしました。

高度な技術を磨く事以上に、隣に立って友達や家族の気持ちによろ添えるための、アイデアをご紹介します。

我が師北澤康吉さんの手法を基盤にした、誰にでも家庭でできる関わり方についての講座です。

傾聴の基本も学ぶことができます。わたしも習った当カウンセリングは、カール・ロジャースの考え方を基本にしているため、最初は関連図書の読み合わせとフリートークが中心になります。

カールロジャースに興味があるという方にも、オススメの講座です。ぜひ多くの方に関心を持っていただき、ともに見聞を広げていただければ幸いです。

その後、北澤カウンセリングを少しだけ掘り下げて学習していきます。

はじめての主催セミナー開催なので、感想などいただければ感謝です。

今回はガイダンス的内容になります。

参加表明してくださった方に、参加URLをお知らせします。

よろしくお願いします。

セミナーの時間帯を含めてご要望があれば、コメントください~

参加費用:無料