虐待情報マガジンZINE発刊~創刊号

写真の説明はありません。

「わたし虐待サバイバー」の著者、羽場千恵さんから、「虐待サバイバー情報機関紙マガジンZine」と、虐待サバイバーバッチが届きましたー。わたしもサバイバーの1人として、執筆協力させていただいています。もし通読されたい場合は、直接羽場さんに連絡とってみてください〜。「わたし虐待サバイバー」は、Amazonで絶賛発売中です。

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%8F%E3%81%9F%E3%81%97%E3%80%81%E8%99%90%E5%BE%85%E3%82%B5%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC-%E7%BE%BD%E9%A6%AC-%E5%8D%83%E6%81%B5-ebook/dp/B07ZRFYT5W/ref=dp_kinw_strp_1
わたし、虐待サバイバー

編集・発行 「大人の未来~虐待サバイバーが生きやすい社会へ~

〒060-0808北海道札幌市北区北8条西3丁目 札幌エルプラザ2階札幌市市民活動サポートセンター内レターケースナンバー266

email:chie.haba@gmail.com

url://http://www.advocacy-survivor-otona.com

カウンセリング等の決済方法を追加

基本的にカウンセリングは直接面談を基本にしていますが、電話予約やオンライン予約を希望される方は、paypalおよびpaypayでの決済も可能です。

最下部メニューから「カウンセリング予約」ページを選択、ご確認をお願いします。

グラフィックレコーディング体験講座 (オンライン)に参加した感想

グラレコことグラフィックレコーディングの基礎講座に参加してきました。議事録の新しい形として注目を集めている手法です。お絵描き気分で言いたいことや気持ちを、相手に伝えることができます。あるあるラボの当事者会などでは久しい前から活用されていましたが、私自身がこれまで学んだことはむろんありません。単なる落書きではなくまじめに会議のいち手法だと知ったのは、最近の事ですがうまくいけば、コミュニケーションツールの1つにならないだろうかと思いつきました。

実際基本講座に参加してみて有効なコミュニケーションツールになりえると実感できました。基本は誰にでも伝わりやすいシンボルマークを考案するだけ。相手の話を聞きながら文字も交えて仕上げていきます。同時進行がむずかしい人だと、どうだろう?という懸念が少しありますが、単純なシンボルマークの組み合わせなので、案外いけるかな?

描けば描くほどうまくなるそうなので、すこしずつ練習もかねて仕上げていこうかなと思いました。

ちなみに・・・新規購入したpcにはカメラ機能がないので、音声だけの参加だったのですが、カメラをがんばって購入しよう(^^♪

グラレコ体験講座感想
「グラレコ講座感想」から