より強く感じてしまう他人の言葉

多くの発達障害者が聴覚過敏に悩まされています。辛い時には我慢せずにイヤーマフのような器具を使うなど工夫は必要です。過敏の程度は多々ありますから、中には聴覚に不便していないが、触覚や視覚などが異常に鋭いという人もいます。一口に過敏と言っても千差万別なのが、なおいっそうわかりずらさを増しますから、定型の人には悩ましいところでしょう。

怒られるのは苦手,叱って

しばしば大声で怒鳴られたり怒られたりすると、必要以上に当事者は大きく強く感じてしまう事があります。特にメンタル的に不調だとなおさら強く感じてしまうのです。普通の声量で話していても、怒鳴られたあるいは怒られた、なじられたと感じてしまう事もあります。

声を小さくするなど合理的配慮をすればいいのかというと、そう単純な問題ではありません。定型発達者にしてみればいつも通りの音量で話しているのに、何がいけないの?となるかもしれません。お互いに緊張状態が長く続く事で、一緒にいる事もつらくなるでしょう。

発達障害当事者が苦手意識を持っている相手だと、どれだけ優しい静かな言葉で話されても、気持が受け付けない事も多々あります。実は嫌だと感じるきっかけがあり、そこを丁寧な対話でお互いに理解を深めていく事で、解消される事も多いのです。ただしこれも超多忙な現代人(特に都会人)には、なかなか難しい問題かもしれません。せめて怒るのはやめて、しかるくらいにしてくれたらうれしいです。

耳栓をしてみた

最近まで大変苦手なおばあちゃんがわたしの身近にいました。その人が放つ一言一言が刃のように、わたしの胸をえぐります。甲高い声で話してきますから耳の奥に響くのもむろん、ほぼ粗さがしに近い指摘が細に、辛い思いをしていました。人生の大先輩ですから、じっと我慢していたのですが、そう長く続きません。
距離を置こうと離れると追いかけてきて、小言を繰り返します。ふとある時耳栓をしてみました。聞こえてくる音量が半分に減る事で、刺激も半減します。気持に余裕ができた事で情報も余裕をもって受け留める事ができたのです。

相手の言葉を字義通りに受け留めてしまう、冗談が通じないなどの特性も悩みを助長させます。相手に変われと言いにくいケースも多々あり、必ずしも誰とでも対話が成立するわけではありません。物理的に距離を置けない家族のケースもあるでしょう。そう考えると情報のデトックスをしてみる事も、1つの解決方法かなとは思いました。

カウンセリングを受けてみる

わたしの体験は相手に悪意がなかった事と、周囲からのフォローもあった事も良い方向へ向か合わせました。大人のいじめが社会問題になるなど、一筋縄ではいかない深刻なケースもあるでしょう。自分だけが我慢すれば良いのだと思い込み、事態を悪化させてしまう事も起きています。
ひとりで悩まずに信頼できる人に相談してみる事もおすすめです。カウンセリングも役にたちますし、職場上の悩みなら各自治体に総合労働相談窓口が設置されていますから、利用してみてください。
https://nozomi016.blogspot.com/feeds/posts/default?alt=atom&redirect=true.rss

発達障害者の感覚過敏ー聴覚

聴覚過敏

発達障がい者に多い感覚過敏

発達障がい者の特性として、ポピュラーに取り上げられる話題に感覚過敏があります。神経質あるいは考えすぎ、気にしすぎと揶揄される事もあり、なかなか分かってもらいにくい症状の1つです。感覚の強度は人それぞれですから、当事者の間でも強く感じる人もいれば、ほとんど症状がみられない人もいます。
もし本当に神経質から来ているなら、同じ要素が他の部分でも見られるはずです。もし特定感覚にだけ過剰反応しているようなら、やはり感覚過敏を疑った方が、賢明でしょう。考えすぎや気にしすぎと評価されやすいのは、不特定多数が未経験であるゆえ、想像しにくいためではないでしょうか。
当事者の多くが自分の苦悩を、情報として上手に伝えられないゆえに、なおの事気づいてさもらえないまま、ストレスをため込む事になります。いずれため込んだストレスがどこかで爆発し、本人も周囲もまことにつらい思いをするはめになるのです。

聴覚過敏ーわたしの場合

周囲の音と混じって声が聞こえにくい

感覚過敏には聴覚、視覚、触覚、味覚、嗅覚と様々ありますが、わたしはそのうちでも聴覚過敏をもっています。これで困ったことは、にぎやかな場所で友人の話が周囲の音と混じって聞こえにくくなることです。だけど他の友人らは平然と会話していますから、わたしにはとても不思議な感覚を感じました。
今でも居酒屋や繁華街が苦手です。特に新宿や渋谷周辺はかなりの大音響で、車や宣伝などの大爆音を流していますから、失神しそうなほどでした。実はだいぶ後になってから、当事者の多くが共通して抱えている悩みだと知りました。この時ほど心からホッとした事はありません。”自分だけではなかった”との安心から、心が少しだけ楽になりました。

聴きたい音を聞き分ける不思議

不特定多数の人は自分が聞きたい音を、本能的に聞き分けているらしい事を知りました。感覚過敏当事者は聞き分け機能が生まれつきありません。当時者の立場で言わせてもらうと、この機能は大変不可思議でなりません。果たして脳のどこで聞き分けているのでしょうか。
定型発達者が、聴覚過敏を想像しにくいように、当事者は聞き分け機能を想像しにくいのです。ユーチューブでは聴覚過敏の実際を、音声化したものがアップされていますから、ぜひお聞きください。

特定の音に過剰反応

感覚過敏を持つ当事者の多くが、特定の音に過剰反応すると訴えています。
わたしが苦手なのは赤ちゃんの声、犬のキャンキャン、女声のキーキー声などです。
中には機械が擦れる音がダメという人もいます。嫌いな音は人の数だけありますから、もしもわが子が、ある場所にいくと落ち着きがなくなるなど、何らかの異常が見られたら、感覚過敏かもしれません。

感覚過敏にどう対応するか

どの音に反応しているかを、突き止める事である程度の対応ができます。都会のように町中に音があふれている環境では、音そのものを避けられない場合も多いでしょう。便利グッズとしておすすめなのは、イヤーマフや耳栓です。
通販でも購入できますが、大切なアナウンスを聞き逃してしまう心配は、基本的に不要です。完全に音を遮断するのではなく、ノイズキャンセル機能があれば、必要なアナウンスは聞き取れますから、感覚を守る事ができます。たとえば以下のようなお店で扱っていますから、参考になさってください。ノイズキャンセリングや100均の耳栓でも、多少ストレスを緩和できます。予算や状況に応じて選択してみてください。
https://nozomi016.blogspot.com/feeds/posts/default?alt=atom&redirect=true.rss