1/23発達障がい当事者会を開催しました

ドリンク片手に生きづらさを語り合おう&分かち合おう♪~あるあるカフェオンラインイベント」を開催しました。わたしを含めて8名の参加です。今回はLINEを活用してみました。初参加の方が数名、LINE初体験という方も多々しまして、やはりページを開けなかった人が2名ほどになります

オンラインの解説ページを見ると、かなり快適空間という印象だったのですが、まだまだ開発途上のアプリである感は否めません。楽天モバイルなど対応していないプロバイダーもあるようで、改めてzoomの有能さを実感したしだい。

リモートが苦手という人は実際いますから、覚えていただくことも1つの方法かなとも思います。特性からリモートを受け付けない人もいるらしいですから、リアル参加も併せて検討していく必要性を痛感しますが、感染者がもう少し落ち着いていただかないと・・・

一定距離を保って安全確保を維持しつつなら実現可能なのか、どこまで安全対策をしたらいいのか迷うところです。

聞くだけじゃ支援不足、生活手段を明確にしなければ!

これもごもっともです。

人が絶望に追いやられるのは生活苦のみならず、孤独感や孤立感もあるのでは?と思うのですがいかがでしょう?

生活が安定すれば自殺者はいなくなりますか?なぜ長野県ばかりこれだけ自殺者が多いのか・・。

行政が悪いのか・・。

「災害時の連携を考える長野フォーラム」で、県知事もおっしゃっていたようにNPOの力も必須のような気がします。わたしは福祉資格はカウンセラーだけなので、さすがに連携チームに加えていただく機会がありません。せめて居場所を無くした生きづらい人たちの居場所確保くらいはさせてください。

それ以外で力が及ばない部分は、立派な働きをされている先生方におゆだねしますから、今後とも我々迷える当事者のためにご尽力ください。

Follow me!

発達障害