発達障害者が嫌われる理由

生きづらさの根拠

精神障がい者からも嫌われてしまうほど特性が強い、発達障がい者の多くが抱えているのは、修正しずらい発想と視点にあると、わたしは思っています。通常できて当たり前の単純作業で失敗してしまう、記憶力散漫、気分に左右されやすい、プライドが高い、空気が読めない、高飛車な姿勢と物言い、両極端な考え方、言葉が伝わらない、頭でっかち・・・と苦手と称するポイントを並べていくと、”陰湿で嫌な奴”的人物像が浮かびます。

下手すると地球は自分のために回っているのだと言い出しかねません。善意で言葉かけしても”自分基準”に合致しなければ、拒否もされます。周囲が疲弊して支援を断念したくなるのは、ごもっともです。

発達障害支援講座数限りなく受講

発達障害を様々な場所で話題にしてくれた甲斐あって、講座が全国各地で開催されるようになったのは、大きな進展です。親族をターゲットにした儲け話や、フェイク情報まで飛び出すほどフィーバーぶりは、若干当事者の間でもとまどいが広がりました。現在は少しずつ消えていっています。そんな生ぬるいものじゃすまないと、みなさん観念したのでしょう。

参加理由は”同僚にいるから”、”友人や家族に該当者がいて対応に困っているから””なんとなく関心があって”と多彩ですが、まず知ってもらうのが大事と考えているわたしたちには、ありがたいと思えます。これが日頃の関り方に良い意味で反映してくれたらと願います。

子育てで成功した例に多くみられる事

栗原類さんで一気に広まった感の発達障害で、当人以上に注目を集めたのがお母さんの姿勢でした。類さん曰くお母さんも同じく発達障害だったから、楽に子育てできたかと言えばそのような事はなく、やはり育児にご苦労されていたことでしょう。誤解のないように一言言わせていただきますが、当事者会はいつも温室のようにほんわかした世界ではありません。自分中心に世界を見る当事者にとって、相手がだれであれ不可解な存在なのです。

類さんも告白されているように、和式ではなく型にはめない柔軟な関りをされていました。多くの当事者家族に見られる共通点は、型にはめないという事なのです。日本の育児がまるでダメという事ではありません。わびやさび、礼儀にまつわる日本古来の習慣には、すばらしいものが豊富に詰まっています。

つながりを大事にし、みんなが気持ちよく過ごせるための深い知恵が、豊富に詰まっています。わたし自身もなんだかんだ言って日本が大好きなのです。わたしたち当事者は、そこにはまり切れませんでした。一番のネックは”みんなで”という発想になります。

自分は自分

けして日本流が悪いわけではありません。わたしら発達障害者には適応できないだけです。”みんなで”と横一列に一斉に同じ行動、服装、考え方、価値感をもつことで安定感を得たい、という発想は、とても調和も取れています。特に統制をとる立場にある人には、大変楽に群衆をまとめやすいという意味で、都合の良い方法です。

育った環境の違いや性格など個々の都合は、一切省かれています。少しでも違う視点で自分らしく生きようとすれば、役立たずとして排除されてしまうでしょう。これがいきづらさの正体です。

みんな違ってみんないいの”落とし穴”

もはや言い出しっぺが誰だったのかわからなくなった合言葉に、みんな違ってみんないいがあります。個性を重んじる風潮が広がっていく中で、誰からともなく口ずさむようになりました。多様性を端的に表したいい言葉ですが、またしても見え隠れしたのは、みんなで横一列に並ぼうとする和製礼儀です。これをいいと思わない人が、自分の考えを述べにくくなりました。一言でも異論を唱えるとたちまち社会的排斥にあいそうです。

何を隠そう最も困っているのは、多様性の最先端をいく発達障害者です。こだわりの強さではピカイチの頑固さを持つ、アスペルガーを中心にした発達障害者の多くは、自分と違う価値観や言動を受け入れられません。当事者がこれを口にする時は、わたしを受け入れなさいであって、あなたを受け入れますではないのです。

役に立たなくてもいいじゃないか、生きている事、そこにいてくれる事が宝だ

ここに立たない限りわたしたちの苦しみは、延々と続くことになります。

新型コロナウイルスのおきみやげ

ある時突然に舞い降りた新型コロナウイルスの脅威で、心身を蝕まれつつある人が、世界レベルで激増しています。命を落とされた方とご遺族の方には、謹んでお悔やみ申し上げます。一方で少々前向きな見方もされています。これまで仕事一辺倒で家庭を顧みなかった人が、家族団らんの時を持てるようになりました。

外遊と買い物に余念がなかった若い人々が、家で落ち着いた生活を考えざるを得なくなりました。利潤追求に価値を見出していた資産家や企業家らも、勢いを急速に失いつつあります。自分がいつ被害者から加害者になるかわからない危うさと、常に向きあわなくてはなりません。コロナウイルスは、様々な事を人人へ考えさせています。

Follow me!

発達障害