何度でもやりなおせる社会を~奥田知知牧師(抱僕代表理事)の対談から

こちらは古い記事になります。実際は目標額の1億円を大幅に超える金額で、プロジェクト達成しています。

またまたふる~い話になります・・。生活に困窮してデリヘルへ就職依頼しに、やくざさんのオフィスへ行ったときの事(実際はやくざさんだと知らなかったんですけどね)。「しんどくても、つらくてもがんばって生きていけ!」と、現実へポンと送り出してくれたのはやくざさんです。”善良な市民”なる健常の人が切り捨てた人を、やくざさんが救い上げる・・・こうした社会のしくみは歴然とあるわけですよ。

けしてやくざさんを擁護しているわけではないですよ。だけどやくざさんの元へ走るな!というなら、そっちへ走らなくてもいい社会が必要ですよね。”やくざは悪だ、じゃまだ!”そのまえに生きづらい人の生活をなんとかしてくれよ!!

Follow me!