これって学習障害?-計算ができない

単純なおつりの計算ができない

当事者でもいろいろ 発達障害当事者ゆえの困りごとは、多々ありますがその中でも、比較的ポピュラーな悩みは、お金の計算ができない悩みです。中には天才的な数学的才能を持ち合わせた人もいますから、当事者のすべてがそうではありません。

天才的な数学者もいる

ここは誤解のないようにしっかり言っておきます。実際得意な数学を生かして金融業や、経理関係の会社で安定した生活を送っている当事者も多いのです。私に関しては、絶望的なほど苦手です。

2桁計算が難しい。

2桁計算といったら小学高学年か中学生レベルですよね。それでも四年生大学をそつなく卒業しました。そこそこレベルの地元大学です。これを言ってしまうと一生懸命塾通いや家庭教師付き自宅学習に励んでいる、全国の受験生たちに、がっかりさせてしまうかもしれませんね。

お金が計算できない=おつりの計算ができない 

お金の計算ができないと、何が困るかというと買い物で、おつりが数えられない、大金は当然ながら扱えないです。ローン契約も要注意です。

ちゃんと返済できるのか見当つかないまま、借りまくって後大変なことになりかねません。 このあたりは安易に人のいう事を真に受けるという、別の特性も関係してきますので、問題はけっこう複雑です。お金をあるだけ使ってしまうので、常に金欠病に陥っていました。

後見制度は使いにくい 

それならばと後見制度などもリサーチしてみたのですが、重度の知的障害や認知症などが一般的には対象です。見た目障がい者なのかそうでないのか、判断がつきにくい発達障がい者には、適応されにくいの現状です。

わたしの工夫

袋分けしてみた 

家計簿をつける事も絶望的に無理だったので、毎月使う予定項目分の封筒を準備して袋分けor予算分けしてみました。残金は予備袋に入れました。こちらは予定外の出費が発生した時用です。

欲しいものもそこから買います。使い切ったら当月分はそこでおしまいです。結果使途不明金や無駄使いが解消されました。金欠病からも脱出しました。いただいている給与が元々少ないので、預貯金まではできませんが、気持に余裕ができました。

だんなにSOS

 基本的な生活費用の計算は、わたしとは真逆に計算能力が高い夫に、管理をお願いしています。できないところはできる人にSOSを出すことも、工夫の1つです。これでかれこれ20年ほど自立した生活ができています。

社会が優しくなってきた

 何よりもちょっとうれしいのは、コンビニから始まってお店でレジアプリを使ってくれているところが、増えてきた事です。レジで「お確かめください」と言われるのが、いつもしんどかったのです。おつりも含めて画面表示してくれるので、お買い物が楽になりました。


きっと働いている従業員の都合で、始まったサービスなのかもしれませんが、わたしのような計算が、まるでだめな人にも優しいサービスとなっています。

まとめ 

お金の計算ができずにいつも金欠病に泣いていたわたしが、試した工夫は袋分けと身近な人にSOSを出すという事でした。ネット検索してみると自動計算をしてくれる家計簿アプリなども、さまざま作られているので、試してみるのもおすすめです。
https://nozomi016.blogspot.com/feeds/posts/default?alt=atom&redirect=true.rss

Follow me!

発達障害